AGA治療の発毛効果|頭皮トラブルは専門に相談

笑っている男性

外用薬による治療法

医者

AGAとは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンであるテストステロンが5aリアクターゼという酵素によって脱毛に影響するホルモンであるジヒドロテストステロンに変化してしまうことによって発症します。そのため、AGAの治療は5aリアクターゼを抑えて脱毛ホルモンの生成を止めて、頭皮の血流を促進することによって発毛を促していくという方法が一般的です。そこで使用される薬剤がフィナステリドとミノキシジルになります。フィナステリドは脱毛の原因になる5aリアクターゼの活動を阻害する効果があり、ミノキシジルは頭皮の血管を拡張するがありそれまで以上の栄養が行き届くようになり発毛を促してくれます。一般的にはこの2つの外用薬を併用して治療していくことが多いです。

フィナステリドとミノキシジルはかなり高い効果が期待できる治療薬ですが、その分いくつかの副作用もあげられます。また、これらは製品によって配合成分量も異なり濃度が高いものは高い効果が期待できますが、その分副作用も高くなってしまうことを忘れてはいけません。また、AGAを発症してからの期間により使用する薬や効果が異なるためそれらを見極めることも重要になってきます。これらを考えると、これらの外用薬はオンラインショッピングなどで購入することも出来ますが、医師にAGAの状態を正確に診断してもらった上で指導を受けながら使用することが望ましいです。また、異変を感じた時はすぐに使用をやめて医師に相談することも大切です。